企業と個人では大きく違う

FXや株取引など個人で取引を行うことと企業として金融取引をすることは全く違います。最初は個人で金融取引をしていた方でも税制上やさまざまな条件に合わせて起業し、きぎょうとして金融商品を扱う方が増えてきています。FXの場合、証拠金次第で取引できる金額が変わってきますが、特に個人と企業とで違いが大きいです。FXでは個人の場合、証拠金をもとに倍率で取引での利益、損益が変わってきますが、数十倍から50倍程度にかける倍率が制限されていることが多いです。しかし、企業の場合は元本割れはおろか、さらにかけることも可能となるなど、制限がなくなっている場合が多くあります。証拠金は必要となりますが、FXで取引を拡大したいと考える場合、起業することはメリットが大きいと言われています。株取引は制限は特にありませんが、FXでも株取引でも金融商品によって利益をさらに上げる場合には起業しておくと税制上お得なことが多いです。起業しての税制上の利点はいくつかありますが、特に起業して数年の消費税の優遇や、各種税制上の利点は見逃せないポイントの一つです。また、金融商品を扱っている場合に社員は特に必要ないことが多いのですが、会計担当や各種事務手続きを依頼する人間を雇うことで税制上のメリットが増えると言われています。また、設備についても金融取引が広がってくれば高速なパソコンやインターネット回線が必要となることも多く、また、快適に作業をするオフィスも重要となってくると言われています。プライベートで楽しむ程度でよかったFXや株取引でさらに稼ぐためには起業して体制を整えることが重要であると言われています。プライベートで続ける方もいますが、1つの取引では不測の事態に対応しきれないことも多いため、さまざまな金融商品を使ってリスク分散するためにも取引が大きくなってきた際には起業することが重要ですし、取引を大きくしない場合でも税制上のメリットはとても大きいです。


▲pagetop