資産と呼べるのは「土地」か

金融資産とはどのようなものでしょうか? よく、資産と言われれば、土地を連想する人も多くおられると思います。 ただ、これは時と場合などにもより、またその時の経済の状況などによっても異なっています。 バブルの頃などには、土地などがとても大事にされてきました。 また、その頃であれば、土地というのはしっかりとした金融資産として、確定がされていました。 しかし、その後、バブルなどがはじけ、必ずしも価値があるものではなくなりました。 勿論価値はありますが、それは時と場合によるものであり、またその時の経済状況によるものです。 また、その場所にも価値は異なっており、銀座などの地域はよい価値があるとされる一方で、例えば震災などがあった地域は価値が難しいというような面があります。 他に資産と呼ばれるものと言えば、例えばこれも一時期話題になりましたが、ミュージシャンなどの著作権などです。 これは、作曲者である人などが、その曲に対して、著作権を確保しており、それらを持っていることで、価値があるものとしてお金の融資を受けられる場合があるからです。 万が一に、お金を返せないというような状況になってしまっても、その場合に著作権を確保していれば、曲などを展開し、お金を取り戻すことも出来るからです。 そのため、ミュージシャンなどで著名な曲などを持っている人は、こちらも十分に価値があるものと言えます。 またこの他にも、金銀などの宝石などの場合にも、価値があるということがあります。 よく、お金よりも金や銀を求めて、価値を高めている人もいます。 金融機関によっては、このように、別の物で価値を見出している金融機関もあります。 お金が戻ってくるかどうかがとても大事なことなので、どうしても土地でなければならない、ということはないのです。 また、借りる人の職業によっても、これは異なって来ます。 例えばとても安定している職業の人や、医師や弁護士、公務員の場合には、お金を多く融資してもらえます。


▲pagetop